熱中症対策にサンコーのどこでも冷却スティックが涼しい

めちゃくちゃ暑いですが、熱中症対策にこんなものもあります。

どこでも冷却スティックということで、頸動脈にこれを当てて冷やすと、血管から冷やされるので、非常に効果的です。

 

昨年は、5万人が熱中症で救急搬送されたそうですが、今年はもっと暑い感じなので、要注意ですね。

 

円形のプレートが6度まで一気に冷却されるので、めっちゃきもちいいです。

いつでもどこでも出来るのが良いですね~(・∀・)b


グレゴリーのディパック80’Sが復刻 GREGORY40周年記念で

GREGORY伝説のディパックが復刻するみたいです。

1990年代に入ってすぐくらいのころ、高校でディパックが流行っていて、私も高校に通うのにディパックを背中に背負って行ってました。

当時のディパックは、単色が多くて、OUTDOOR PRODUCTSのディパックがめちゃ流行ってて、みんなそれで。

でもある時、おしゃれな子が、たった1人、このGREGORYのデイパックを使いだして、斬新なツートーンカラー(赤と黄色)にびびったのを覚えています。

程なくして、ちらほら高校の中でも目立つようになっていって。

 

あれから、30年近くなりますが、今回はかなり当時のモデルに忠実に再現したとのこと。

例えば、いわゆる茶タグも当時の80年代のものにするようですし、パターンや素材も当時のものにして、まさに完全復刻版という感じになるみたいです。

Amazonで検索しまくってもでてこないので、グレゴリーの現行モデルを画像としておいているのですが、楽天があるやんと、楽天市場を検索してみたら、予約開始してました。

しかもですね。

今回は、ツートーンカラーの逆バージョンもあるので、どっちにするか迷うやつデス。

 

 

どっちが、元々のカラーだっけ?って悩みますが、

下のが、元々の赤/黄カラーだと思います。

 

どっちにするか迷いますね。元々のモデルなら、赤/黄ですが、黄/赤も結構よくて。。

 

そして、GREGORYの40th記念ということで、いままで復刻してこなかった、こちらも今回は復刻ということで、更に迷うということで、困っていますw

 

そして、こちらも、ツートーンカラーの逆バージョンがあるのです。

 

ウエストバッグは、赤/黄バージョンが、個人的には好きですね。


自動返し式たこ焼き器のたこ焼き工場トントンがすごい

MT.CEDAR 自動返し式たこ焼き器 たこ焼き工場トントン KS-2614
杉山金属株式会社
売り上げランキング: 6,908

自動たこ焼き器なんてあるんですね。ひっくり返すのも自動でやってくれるみたいです。

どうやってひっくり返すのでしょうか?

 

調べてみると、真ん中の取っ手みたいなのがひっくり返してくれるみたいです。ひっくり返すタイミングはこちらではかって、焼けてきたらひっくり返すスイッチをオンにするとひっくり返してくれます。

なかなか綺麗にできると評判で、売れているそうですね。ただ、関西人にとっては、焼くのも楽しみじゃないかなって思ったりもしますけどもね。。。

ただ、ひっくり返すのを見ていたら、動きがコミカルで可愛いです(*^^*)

 

あと自動たこ焼きはこういうタイプのものもあります。こちらのほうが自動って感じですかね?

踊るたこ焼き器は、鉄板のところが細かく振動します。焼けてきたらその振動でたこ焼きがくるくる回りだして、まさに、踊るたこ焼きになります。

こっちはひっくり返すタイミングを支持しなくてもほっておいたら焼ける感じです。

たこ焼きがダンスしているみたいで、見ていても楽しいです。そういう意味では自動たこ焼き器っていうのも楽しいですね。

 

 

この2つの自動たこ焼き器は、機能をオフにすることもできるので、普通に手動でたこ焼き自分で作ることも出来るので、自動も手動も出来るのなら良いですね。

最初に見た印象は、ナンやこれ?って感じでしたが、実際に焼いているところを見たりすると欲しいかもって思っちゃいました。


とけない氷はステンレスの氷のアイスキューブ

ステンレス の 氷 アイス キューブ 8個 セット
nowbrand
売り上げランキング: 1,096

ステンレスの氷なので、もちろん溶けません。

氷が溶けて薄まることもないので、うすくなってまずくなるジュースとか

普通は氷を入れないビールとか、ワインとかにも入れられます。

使った後は、洗ってまた冷凍庫で冷やしておけばOKということですね。

 

ステンレスは、魔法瓶などでも利用されている様に、熱伝導率が悪いので保冷には最適です。

温度の低い氷はなかなか溶けないのと同じように

温度の低いステンレスの塊は、なかなか温度が上がらないので、長い間冷たいままです。

 

サイコロ型はオシャレだし、ちょっとしたプレゼントとかにも良いかもしれません。

 


HPのノートパソコンSpectre x360 13-ac000 ベーシックモデル

5年前の9月に買ったZenBookがそろそろヘタってきたので、モバイルノートパソコンを探してたら、なかなかスタイリッシュで、軽量なモバイルノートがみつかりました。

1.31キロで、CPUは第7世代キャビーレイクCore i5だし、SSDは256GBでメモリは8GB。申し分ないスペックですね。

ディスプレイもナローベゼルなので、このサイズでも13.3インチ。

Officeがついて15万ならなかなかいいのじゃないかと思います。

バッテリーもフル充電で15時間稼働しますし、30分の急速充電で7時間ほど使えるようになるのもよく考えられていますね。

また、2万円アップするとスタンダードモデルがあります。CPUがCorei7になり、メモリが16 GBになり、SSDの容量が512 GBになります。

2万円アップという絶妙な価格設定ですね。SSDの容量は512GBあれば安心です。

今使っているZenBookは、256GBだったので、使っているうちに容量が多くなるのでちょっと映像は保存できないです。

となると、512GBは欲しいですね。

ASUSのZenBookの後継機種もみたのですが、迷いますね。

 

こちらは、重さもあまり変わらないですし、Officeはホームアンドビジネスなので、PowerPointを使う人はこちらのほうが良いかもしれません。

ただ、CPUが第6世代ですけどね。ディスプレイも13.3 インチで、1920×1080と解像度も遜色ないです。

インターフェイスもUSB3.0のポートが1つしか無いので、ちょっと不便するかもしれません。

ASUSは、名機って言われるようなマシンと、全然外れな機種があったりするので、なかなか難しいメーカーです。

しかも初期不良とか結構ありますし、スリープから復帰できなくなったり、電源が入らなくなったりもしますので、なかなか難しいです。

ただ、5年使っても全く壊れなかったのはすごいと思いますね。

HPの場合は、5年も使えるかどうかはわかりませんが。。。

あと、楽天市場の限定モデルENVY 13もありました。こちらは更にスタイリッシュになっていますね。

 

ただ、スタンダードモデルでも、Core i5でベーシックモデルはCore i3なので、ターボブーストテクノロジが無いのはちょっと困るかも。

そして、 Spectre x360のブラックのカラーリングがかっこいいのでどっちと言われたら、 Spectre x360の方がいいかも。

そして、ENVY 13の方は開くとベゼル部分が起き上がり、キーボードに角度がつくようになっていますが、これ要らない人も多いのでは?

キーボード面が斜めに角度がつくと腱鞘炎になりやすいですので、キーボードをガッツリ打つ方にはそぐわないですね。

職場の女の子とかは、キーボード斜めに角度をつけている子が多いので、そういった人が多いのでしょうね。

Officeつくと17万になりますが、キャンペーンでポイントバックや3万円オフがあるので、同じくらいになるようです。

ノートパソコン買うときはいつも悩みますが、最終的にはどんな使い方するのかってところですよね。

僕の場合は、家がメインで、たまに持ち運ぶって感じなんで、バッテリーの性能はあまり意識していないですが、急速充電があるのはうれしいですし、家でもどこでも持ち運ぶ事ができるのは映画見たりするときにはすごく良さそうです。

ということで、僕はSpectre x360が今のところ第一候補です。