「 2017年09月 」一覧

パリパリキューブライト 生ごみ処理機で嫌な匂いと決別

生ゴミを毎日出せない地域に住んでいると、生ごみを家でためておかないといけないのですが、やっぱり嫌な匂いが完全になくすことは出来ないです。

でも生ごみ処理機なら、生ゴミをパリパリに乾燥させてくれるので、臭いが軽減されますし、生ゴミが腐ってさらに嫌な匂いを発生させることも少ないです。

付属のかごを三角コーナーの代わりに出来るので、そのままセットして一晩ほっておいたらパリパリになって臭いもほぼない状態にしてくれます。

手入れも洗剤で丸洗いできるので、楽ちんですし。


ほぼ日手帳2018年版オリジナルサイズの発売

ほぼ日手帳2018年版が発売されています。9月に入ったら発売されるのですが、オリジナルサイズやウィークリーが人気だそうです。

9月の終わりなので、そろそろ1月はじまりの手帳を持っている方は更新の時期ですね。

ほぼ日手帳は、方眼タイプなので記入しやすいですし、薄い方眼なので、気にせずに書けるのも嬉しいです。

毎年、利用者の声を聞いて改良されているので、2001年からの蓄積はさすがということでしょうね。

糸状のしおりは先端にチャームが着いてるので持ちやすいですし、糸が解れないのも1年間使っていて嬉しいところです。

オリジナルサイズは、文庫本サイズなのでコンパクトなのですが、あつみが少ないので書きやすいのがとてもありがたいです。

 


スチームオーブンレンジ3つ星ビストロ

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ Jコンセプト 26L 豊穣ブラック NE-JBS653-K
パナソニック(Panasonic) (2016-09-01)
売り上げランキング: 15,537

パナソニックのスチームオーブンレンジが人気です。

調理の精度が高いのと、難しい回答や蒸し機能もかなり美味しくできるそうです。

最新機種は10万円超えなのですが、型落ち品なら、5万円前後で帰るのでおすすめです。

 

パンのトーストもそとはカリカリ、中はもちもちという理想的な焼きあがりだそうです。

揚げ物の温め直しも、スチームがあると衣がカリっとなるのはびっくりします。


ビュンビュンチョッパーなら一瞬でみじん切りが完成

みじん切り器 ビュンビュンチョッパー (大型)
keynis
売り上げランキング: 67,536

これはヤバイ。玉ねぎとか、ひき肉とか、入れて取っ手を引くだけで、みじん切り完成。

手ごねハンバーグが、時短で出来ます(≧∇≦)/

あとは、ミートソースも手作りのが簡単にできちゃいます。
ビバみじん切り(≧∇≦)/

ネーミングがまた面白い。ビュンビュンチョッパーってなんか楽しそう(・∀・)

 

大根おろしは、おろし金でしたほどおろしという感じにはなりませんが鬼おろし的なものにはなります。

ビュンビュンチョッパーは、大型のと普通サイズがあります。1つだけ買うなら大型がいいのかもしれませんが、少量すぎるとうまくみじん切りできないので、両方あると尚良しです。


謎肉の正体は豚肉と大豆 日清公式サイトが公開

謎肉とは、カップヌードルの中に入っているキューブ型の肉です。

原材料が何の肉か分からないので、ネットなどで謎肉という名前で呼ばれていたものを、日清公式サイトが乗っかる形で、謎肉祭という謎肉だらけのカップヌードルを発売して話題になっていました。

この度、帰ってきた謎肉祭ということで、謎肉だらけのカップヌードルを再販売した際に、謎肉の正体をとうとう日清公式サイトが発表しました。

謎肉の正体とは

謎肉の正体とは、豚肉と大豆がメインの原材料だそうです。

原材料名には、味付け豚ミンチ、味付豚肉としか書いていないのですが、大豆と豚肉が原材料ということです。

黒っぽい謎肉が、豚肉と大豆からできたもので、白っぽいものが、鶏肉と大豆から出来た謎肉だそうです。

日清公式サイトによると、食糧危機を解決するハイブリッドミートだそうです(笑)

46年間謎のままだった、謎肉の原材料は、豚肉と大豆由来の原料に野菜などを混ぜたミンチのことだそうです。

ということで、謎肉=味付け豚ミンチ=豚肉と大豆と野菜ということだったのですね。

いろいろな原材料が混ざっているので、豚肉だけではない味がするのだと納得しました。

今回の謎肉祭りのカップヌードルは、謎肉がめっちゃ多くて、謎肉ファンにとっては嬉しい限りになっています。

更に、鶏肉由来の謎肉が入っています。しろい謎肉は食べたらすぐにチキンとわかる味がして美味しいです。

実際に容器の側面には、アレルギー物質として大豆もマークされています。