「 お買い物 」一覧

RAYZPlusLightningノイズキャンセリングインナーイヤーイヤホン

ノイズキャンセリングのブルートゥースイヤフォンとして、雑誌でかなりの高評価でした。

インナーイヤータイプの方が良い方には、アップルのAirPodsを買うのならこっちのほうが良いかもしれません。

 

AirPodsは、ペアリングがものすごく簡単で、神がかっていますし、ケースで15分充電するだけで3時間も再生できるという性能の良さもあります。

さらに、完全にケーブルがない使い心地は最高です。

ただ、やっぱり落ちたらどうしようという方も多く、落下防止ケーブルを付けて使う方もおおいのですが、それだったら意味が無い気がします。

イヤホンの付け心地は、もともとの純正イヤホンEarPodsと同じということなので、EarPodsがしっくり来る人には、AirPodsも良いかもしれません。

ただ、どうしても外界の外の音をしっかり拾うので、音量を上げがちになりますし、音良さを実感しにくいかもしれません。

落下防止ケーブルを使うのなら、はじめからケーブルがついている方が良いかなと個人的には思います。


パナソニックのビデオカメラおすすめはHC-W580M

Panasonic HDビデオカメラ W580M 32GB ワイプ撮り 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-W580M-W
パナソニック (2016-01-21)
売り上げランキング: 10,864

これから運動会シーズンですが、ビデオカメラって以外に選ぶのが難しいです。運動会とか、入学式、卒業式などの学校イベントには、光学ズームが50倍程は欲しいです。

でも、室内の撮影とかだと、ズーム倍率が高いものは総じて広角側が狭いことが多いです。

例えば、コストパフォーマンスがよくて、人気のEverioは、40.5~1982mmですが、広角側が40.5mmなのはちょっと狭くて、自宅の中などの室内の撮影にはちょっと不便ですね。

EverioのGZ-F270は、耐衝撃&耐低温ボディで多少乱暴に扱っても丈夫というのが売りです。よく外に持ち出すのであれば、Everioという選択肢もありですね。

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio 耐衝撃 耐低温 32GB ホワイト GZ-F270-W
JVCケンウッド (2017-01-19)
売り上げランキング: 80,601

パナソニックのHC-W580Mは、広角側が28.0mmと広いですし、ズームも光学50倍、画質劣化がすくないiAズームで90倍まで撮ることが出来ます。

誕生日会などで、お決まりのケーキにろうそくを付けて吹き消すような暗い場面でも、ノイズが少ないとのレビューが多いのでさすがそのあたりの画質はパナソニックです。

ちなみに最も、広角なのは、SONYのハンディカムHDR-CX485の26.8mmです。手ぶれ補正も優秀なので、初心者はこちらでも良いかもしれません。

ただ、学校イベントでは、光学ズームが30倍までと少し物足りないかもしれません。

 


マキタのスティック掃除機の性能とコスパがおすすめ

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW
マキタ(Makita)
売り上げランキング: 1,405

スティック掃除機は、場所も取らないですし、気になった所があれば、さっと掃除機かけるだけなので、めちゃくちゃ便利です。

充電式のスティック掃除機といえば、ダイソンですが、やっぱり5万円以上するので、なかなか高い買い物ですが、マキタの充電式クリーナーCL182fdrfwは、なかなかいい仕事してます。

マキタといえば、電動工具メーカーですが、電動工具のモーター技術を掃除機に応用しているので、なかなか高性能です。

雑誌でよくやる、性能比較などでも、ダイソンといい勝負していますし。

それでいて、ダイソンの半額以下なので、コストパフォーマンス的にも悪くないですね。車を掃除する時に便利な、ハンディクリーナーとしてもつかえます。



ANKERのロボット掃除機RoboVac10のコストパフォーマンス

ルンバ980だと10万超えですが、ANKERだと3万円前後で購入ができます。

もちろん、安い分性能は、ルンバには劣るのですが、雑誌の検証記事を見る限りは、掃除能力はそこまで差がないようです。

ただ、ルンバの良さはプログラミングの良さだったりするので、ルンバの掃除の完了時間よりも6倍の時間がかかってしまうのが、ANKERの欠点だとか。

時間がかかるのがもんだ無いなら、めちゃくちゃやすいということになりますね。

雑誌の検証記事では、一晩放置してどこまで綺麗に掃除できるのかという検証だったようです。

どちらも掃除自体は出来たようなので、時間がかかってもいいならANKERでも良いかもしれませんね。

今はRoboVac11が最新機種になるみたいです。

これで、2万円台なのはびっくりです。

 

対抗はこちらですかね。

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト
iRobot (アイロボット) (2014-09-12)
売り上げランキング: 220

これなら3万円台なので、ちょっと高くなってもルンバが良いなら、こちらになりますね。

Amazonでもベストセラー1位だったので、やっぱり売れていますね。