日枝神社に参拝 赤坂のパワースポット巡り

hieshrine

東京の神社といえば、沢山あるのですが、江戸城の裏鬼門に位置する日枝神社に参拝してきました。神田神社は行ったので、東京十社めぐりの内2社目になります。

赤坂のパワースポット 日枝神社

国会議事堂前からもほど近い日本の中心の官庁街、オフィス街にある、山王日枝神社に参拝してきました。江戸三大祭のひとつ山王祭が6月に行われる神社です。

江戸城・皇城の鎮守として、江戸時代から祀られています。元々は太田道灌が江戸城内に祀っていたものを秀忠が江戸城を拡充した際に、裏鬼門の現在地に移動してきたそうです。

日枝神社のご利益

猿が神様の化身として祀られているのも珍しいですが、全国にある、日吉・日枝・山王神社は、猿が神様のお使いなのです。

日枝神社の猿は、まさる(神猿)から転じて「魔が去る」「勝る」「優る」から厄除けや勝負事のご利益があると言われています。

また、首相官邸のすぐ近くなので、歴代の首相や大臣が参拝していることも多く、仕事運や出世運の運気がアップしやすいともいわれています。

また、猿(えん)とも読めるので、そこから縁結びの神様としても、人前式など結婚式なども人気があります。

日枝神社のパワースポット

hieshrinehaiden

日枝神社の中のパワースポットは、本殿・拝殿周りと、その左右に配された神猿像そして、随一のパワースポットと言われているのが、末社の猿田彦神社です。

拝殿を向かって右手に行くと、猿田彦神社、山王稲荷神社があります。猿田彦神社は、道ひらきの神様として、仕事運のご利益があるので、仕事で悩んでいるときなどは、良いかもしれません。

hieshrinekeidai

なお、エスカレーターがついている鳥居は、裏参道になるので、赤坂駅から来た場合は、回り込んで、表参道の男坂から参拝するのがおすすめです。

また、時間がある方や日本刀に興味がある方は、ぜひ宝物殿に行くのをおすすめします。無料で入館できますし、重要文化財の日本刀や太田道灌の古文書などを見ることが出来ます。

日枝神社へのアクセス

最寄り駅は、赤坂駅、溜池山王駅、国会議事堂前駅などです。東京駅からは、丸ノ内線で、赤坂見附駅まで来るか、乗り換えが増えますが、山手線有楽町から千代田線乗り換えで赤坂駅というルートもあります。

地下鉄(千代田線)赤坂駅(出口2)徒歩3分
地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅(出口11)徒歩8分