オフィシーヌユニヴェルセルビュリーの紙ソープ

パリの老舗美容薬局の「オフィーシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」が代官山に初上陸して話題になっているそうです。

バス用品から、ボディケア、香水などなどありますが、この夏ほしいのが、紙ソープです。水に濡らすことで、すぐに石鹸になるのですが、紙だけに、いろんな使いみちがあったりします。

オフィーシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーは、天然成分を使用しているのが売りなので、優しい香りを楽しみたいなら、カバンに入っているノートや本に挟んだり、名刺入れに挟んだり、ハンカチなどに挟んでおいたりするとふんわりいい香りが漂います(・∀・)

さり気なく、いい香りがするっていうのが、男の香らせ方かなっておもったりしますので、さり気なくという演出にはぴったりですね。