クリップオンレンズ 3点セットMpow改良版が進化してる

すべてのレンズにクリップが着いてるので、着脱する手間がいらないのが便利です。

他のユニバーサルクリップレンズとかTaoTronicsのスマホレンズもクリップが1つなので、付け外しするのが面倒くさい人にはおすすめではないかと思います。

改良版ということで、他にもレンズの精度も期待できます。魚眼レンズは180度、マクロレンズが20倍で、広角レンズが0.36倍です。

ピント合わせが難しいマクロレンズは、透明キャップがレンズについているのでそれを対象物に着ける形でちょうどいいくらいのピントになるように作られているみたいです。

広角レンズの0.36倍というのは最大ではないでしょうか?しかもレンズが小さい。

AmazonでベストセラーのTaoTronicsのクリップレンズと比較してみました。

こちらは、レンズをクリップに着脱して使う形です。

価格は、Mpow【改良版】Clip-Onレンズ3点セットが2000円で、TaoTronics カメラレンズキット クリップ式 スマホレンズ 3点セットが1599円。

カメラの倍率は、マクロレンズが約10倍の倍率で、被写体から約12~15mmの範囲で撮影が可能。魚眼レンズは180度で、広角レンズは、0.4倍です。

広角レンズは、やはり、Mpow 【改良版】 Clip-On レンズ 3点セットの方が良さそうですね。

レビューを見ると一部機種では、外カメラでケラレ発生するみたいです。機種を選ぶということかもしれません。

あと、すこしグリップ力が弱いというレビューもありました。

TaoTronicsのほうは、広角レンズがでかいので、落ちないか心配なのと、マクロレンズのピントに合わせが大変そうです。

好みの問題といえばそうかもしれませんが、コスパはTaoTronics で、性能は、Mpowという形でしょうか。

ちなみに望遠スマホレンズというのもあります。これは12倍光学ズームなので、画質劣化なく12倍望遠出来ます。