モバイルバッテリーおすすめランキング

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2017年7月時点 A1263021

雑誌で特集をしていました。持ち運びがしやすくてかつ、高容量なモバイルバッテリーを実際に検証してみたそうです。

自分もモバイルバッテリー使っているので、やっぱりこういう記事は気になりますね。

1位はやっぱり強かったですね。ANKERのPowerCore10000でした。モバイルバッテリーの重量を実際に測って、そして、電流電圧計でUSB扇風機を止まるまで動かした時の容量を計測したそうです。

モバイルバッテリーは、使う環境によっても実際の容量はカタログ値とは全く違うので、実測してくれているのは助かりますね。

1位ANKERのPowerCore10000

1位のANKERのPowerCore10000の実測容量は6420mAhでした。重さが182gということで、小さいのに大容量でiPhone6sを3回以上(3.7回)もフル充電出来るのはすぐれものですね。1gあたりの容量は、35.3mAhで、gあたりの容量は第2位でした。

2位 Powerseedモバイルバッテリー

2位のPowerseedのモバイルバッテリーは、更に大容量で1gあたりの容量はこちらがナンバーワンとのことです。その分重たくなる(267g)のとiPhone6Plusと同じサイズなので、女性が片手に持つのは辛いかもしれません。

1g当りの容量は、実測容量は、9680mAhで、1g当りの容量は36.3mAhともっとも高容量だったようです。iPhone6sは約5.6回も充電できるので大容量という方にはおすすめですね。

また価格もAmazonで調べたら2000円切ってるものもあるので、お買い得かも。

3位 cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD

3位は、cheero PowerPlusDANBOARDVersionのモバイルバッテリーです。見た目のデザインが可愛いので女性にも人気ですね。可愛いだけではなく、しっかり大容量で1gあたりの容量は34.7mAhでかなり優秀です。iPhone6sは3.8回充電できます。

また、187gとかなり軽いので持ち運びはとてもいいと思います。ポーチも可愛いくてモバイルバッテリーとは思えないですね。デザインが優れている分割高なのが少し残念ですが、可愛くて良いという方にはおすすめです。

完全に持ち運びという観点でみるとやっぱりANKERのモバイルバッテリーは優秀ですね。

また、ANKERのライトニングケーブルは、とても丈夫で、切れにくいのでおすすめです。1000円でずっと使えるなら純正のよりこちらがおすすめです。