ANKERのロボット掃除機RoboVac10のコストパフォーマンス

ルンバ980だと10万超えですが、ANKERだと3万円前後で購入ができます。

もちろん、安い分性能は、ルンバには劣るのですが、雑誌の検証記事を見る限りは、掃除能力はそこまで差がないようです。

ただ、ルンバの良さはプログラミングの良さだったりするので、ルンバの掃除の完了時間よりも6倍の時間がかかってしまうのが、ANKERの欠点だとか。

時間がかかるのがもんだ無いなら、めちゃくちゃやすいということになりますね。

雑誌の検証記事では、一晩放置してどこまで綺麗に掃除できるのかという検証だったようです。

どちらも掃除自体は出来たようなので、時間がかかってもいいならANKERでも良いかもしれませんね。

今はRoboVac11が最新機種になるみたいです。

これで、2万円台なのはびっくりです。

対抗はこちらですかね。

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト
iRobot (アイロボット) (2014-09-12)
売り上げランキング: 220

これなら3万円台なので、ちょっと高くなってもルンバが良いなら、こちらになりますね。

Amazonでもベストセラー1位だったので、やっぱり売れていますね。