謎肉の正体は豚肉と大豆 日清公式サイトが公開

謎肉とは、カップヌードルの中に入っているキューブ型の肉です。

原材料が何の肉か分からないので、ネットなどで謎肉という名前で呼ばれていたものを、日清公式サイトが乗っかる形で、謎肉祭という謎肉だらけのカップヌードルを発売して話題になっていました。

この度、帰ってきた謎肉祭ということで、謎肉だらけのカップヌードルを再販売した際に、謎肉の正体をとうとう日清公式サイトが発表しました。

謎肉の正体とは

謎肉の正体とは、豚肉と大豆がメインの原材料だそうです。

原材料名には、味付け豚ミンチ、味付豚肉としか書いていないのですが、大豆と豚肉が原材料ということです。

黒っぽい謎肉が、豚肉と大豆からできたもので、白っぽいものが、鶏肉と大豆から出来た謎肉だそうです。

日清公式サイトによると、食糧危機を解決するハイブリッドミートだそうです(笑)

46年間謎のままだった、謎肉の原材料は、豚肉と大豆由来の原料に野菜などを混ぜたミンチのことだそうです。

ということで、謎肉=味付け豚ミンチ=豚肉と大豆と野菜ということだったのですね。

いろいろな原材料が混ざっているので、豚肉だけではない味がするのだと納得しました。

今回の謎肉祭りのカップヌードルは、謎肉がめっちゃ多くて、謎肉ファンにとっては嬉しい限りになっています。

更に、鶏肉由来の謎肉が入っています。しろい謎肉は食べたらすぐにチキンとわかる味がして美味しいです。

実際に容器の側面には、アレルギー物質として大豆もマークされています。