マヌカハニーの味が薬臭いと苦手な方向けの美味しい食べ方

マヌカハニーとは

マヌカハニーは、ニュージーランドのマヌカの木に咲く花から取れる蜂蜜のことです。ニュージーランドにしか自生していないので(一部オーストラリア)非常に貴重な蜂蜜です。

マヌカハニーは他の蜂蜜違って、薬効成分が多く入っていてマオリ族では薬として使われていました。

健康や美容にすごく良いということで日本でもたくさんの方がマヌカハニーを食べているのですが、薬効成分が多い(MGOやUMFの数値が高い)と独特の臭いと味がするので苦手な方も多いようです。

そこで、マヌカハニーが薬臭くて苦手な方にも美味しく食べられる方法を調べてみました。

マヌカハニーを美味しく食べる方法

マヌカハニーはMGOやUMFの数値が高くなると、その分独特の薬臭い風味が強くなります。

マヌカハニーの味は、甘くて、ドロっとしていて、鼻をつく薬のような臭いがします。

歯医者さんの臭いというのが1番しっくり来るのですが、それがだめな人は全くだめで食べられない場合があります。

マヌカハニーは、風邪やインフルエンザなどの予防にも良いとされていたり、アレルギー性皮膚炎などにも良いとされていますので、子供に食べさせたいという親御さんも多いですが、どうしても薬のような風味が苦手で食べられないという場合が多くあります。

そこで、美味しく食べられる方法を調べてみました。
(マヌカハニーに限らず蜂蜜は1歳未満の乳児には食べさせないようにして下さいね)

・ヨーグルトの中に混ぜる
ヨーグルトと蜂蜜はもともととても親和性の高い食べ物の組み合わせといえますね。マヌカハニーは、普通の蜂蜜よりも粘度が高いので、普通に入れてかき混ぜるだけだと、村ができてしまう可能性があるので、しっかりと混ぜることが大事です。

・ホットミルクや紅茶などに混ぜて飲む
マヌカハニーの特徴的なMGO成分は熱に強いのでホットミルクや紅茶に混ぜても大丈夫です。ただ熱に弱いビタミンなども含まれているので、できれば暖めずに飲みたいのですが、どうしても難しい場合は暖かい飲料に混ぜて飲むと良いかもしれません。

・ドレッシングに混ぜて食べる
ドレッシングの甘みを強調したい場合に混ぜて食べると美味しく食べられます。

・チーズにかけて食べる
カマンベールチーズなどにかけて食べるとチーズの香りに薬臭さをごまかすことが出来ます。お酒のおつまみとしても美味しく食べられます。

マヌカハニーのMGO値(UMF値)の低いものを食べる

マヌカハニーのMGO値が高くなればなるほど効力が高いのですが、そのぶん独特の薬臭い臭いがつよくなります。

いきなりMGO値の高いものを食べようとして挫折するよりも、MGO値が低いものから少しずつ慣れていくほうが良いかもしれません。

特にお子さんに食べさせたい場合は、最初はMGO値が低いものをおすすめします。

しっかり抗菌活性を利用したい場合は、MGO250+れべるがいいのですが、最初は、MGO100+からでも、美味しく食べられるのを優先した方がいいと思います。

こちらは、おいしいと評判のマヌカハニーです。

はじめてのマヌカハニーにはちょうどいいくらいのUMF10+(MGO100+相当)で、子供でも美味しいと食べてくれるようです。

ハニーマザーは、マヌカハニーの販売業者の中でも信頼性の高い会社です。日本人が運営していますし、数値のごまかしなどは一切ありません(鑑定書付き)

美味しいと口コミをしている人が多いので、マヌカハニーが苦手な方でも食べることが出来るのではないでしょうか。

マヌカハニーのハニーマザーのレビュー・口コミ