東京駅で新幹線に乗るときに食べたい塚田農場のタルだくチキン南蛮弁当

東京で新幹線に乗る前に駅弁を食べるのなた、おすすめがツカダファームトーキョーのお弁当です。

ツカダファームトーキョーとは

ご存知居酒屋チェーン店の塚田農場のグループ会社になります。生産者の顔が見える手作りのお弁当を販売するというコンセプトで品川駅や上野駅にお店を出店していましたが、東京駅の駅ナカにも出店されました。

塚田農場と言えば宮崎地鶏ということで、目玉商品が、チキン南蛮弁当です。

2016年ロケ弁グランプリ1位、2016年ファベックス「惣菜・べんとうグランプリ2016」駅弁空弁部門金賞受賞と高評価を受けている弁当になります。

塚田農場のチキン南蛮は、南蛮酢に2度漬けしていて、さらにタルタルソースが卵たっぷりで美味しいと評判です。

タルだくチキン南蛮弁当の感想

タルタルソースが美味しいと評判ですので、タルだくというお弁当があります。タルタルソース大好きな人にとっては垂涎モノですね。

私もタルタルソース大好きなので、2016年ロケ弁グランプリ1位、2016年ファベックス「惣菜・べんとうグランプリ2016」駅弁空弁部門金賞受賞をとったチキン南蛮弁当ではなく、こちらのタルだくのお弁当にしました。

チキン南蛮が、埋もれるくらいのタルタルソース。

これはかなりヤバイですね。タルタルソースが美味しいのでたっぷりつけても全然大丈夫です。

むしろ美味しいですね。ご飯に載せて食べてもOKというくらいです。

タルタルソース好きの方にはおすすめです。

ツカダファームトウキョーへは京葉ストリートへ

ツカダファームトウキョーは、東京駅の駅ナカにありますが、京葉線までの連絡口の近くにあります。

東京駅で、駅弁というと、グランスタや駅弁屋祭が有名ですが、京葉線から戻ってきて新幹線に乗るときには、とても便利な場所にあるのでおすすめです。

京葉線の連絡口が終わってエスカレーターを出たところがエキュート京葉ストリートになります。

エキュート京葉ストリートには、新幹線乗り換え口(南乗り換え口)の手前なのでわかりやすいですし、アクセスしやすいので便利です。